1. トップページ
  2. キメが粗い女性の9割は洗顔で損している

キメが粗い女性の9割は洗顔で損している

私もスキンケアにはそれなりに自信があるんだけどなあ…

面白いデータがあります。

それを読めば自分の自信が揺らぐと思いますよ。これじゃダメかもって。

肌が汚い、自分の肌に自信がない、満足していないという女性にそれぞれスキンケアで気をつけている点を聞いたんです。そうしたら、多くの女性が、

「洗顔で洗い過ぎないようにしている」

と回答したんです。

じゃあと皮膚科の先生の前でみんなそれぞれ洗顔してみた…その結果。

全員が洗いすぎだったんです。

でも洗いすぎですと忠告されても、ほとんどの女性は納得しませんでした。私は洗いすぎていないと。

その後の保湿スキンケアなどは個人差はあれど、そんなに多くを間違っていると指摘するほどひどいものではなかったのですが、洗顔に関しては洗い過ぎ、時間をかけ過ぎという人ばっかりだったんです。

つまり、女性は特に「洗顔をし過ぎている」という状態。特に肌を綺麗にしようと頑張っている人ほど実は洗い過ぎの傾向があるんです。

洗顔を控えるだけでキメが整い細かくなるかも

じゃあ洗い過ぎを治せば肌のキメは細かくなるってこと?

かなりの確率でそうなります。

みなさん大きく勘違いしていますが、肌のキメは、肌自身が今も細かくなろうとしています。

みんな、肌のキメが細かくなるチャンスが毎日24時間あります。でもそれを活かせていない人、邪魔している人が多いんです。

大事なのは…

  1. 肌自身の自らキメを整える行動を邪魔してはいけない
  2. 肌がその行動力を100%発揮できる環境を整えてあげる

この2点です。

何か、例えば保湿化粧品を厳選してこまめに塗る、ということは、2番であるけど1番に反してはダメなんです。

ところが、女性の多くは保湿スキンケアでさえやり過ぎで1番に反している人も多いんです。

そして洗顔のやり過ぎ。これが1番に反しており、繰り返すことで2番からどんどん遠ざかる…

つまり、肌のキメが粗い女性というのは、大半が肌自身がキメを整えようとしているのを邪魔しているんです。

化粧品断ちをしたら肌が綺麗になったという人がいるのはまさしくこれなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る