1. トップページ
  2. 洗顔も保湿もやりすぎるとキメをダメにする

洗顔も保湿もやりすぎるとキメをダメにする

洗顔は控えめにし過ぎるとキメが粗くなるのでは?

仮に汚れが肌に残ったとしても、洗いすぎるほうが肌に悪いんです。それに今の洗顔料だとそんなことは手抜き洗顔でも起きません。

今の洗顔料は汚れの吸着力なども非常に優れているので、肌に馴染ませただけで汚れは浮かび上がります。

また泡洗顔にこだわると丁寧に洗い過ぎてセラミドが減少し、肌水分量が減ってしまいます

泡洗顔は確かに肌への接触性刺激が少なくていいのですが、その分洗顔料の界面活性剤が長時間肌に付着します。

洗顔は洗顔料を肌に馴染ませて流すだけで十分ということを頭に入れるだけでも効果はありますよ。

美肌の持ち主は大半が朝はノー洗顔料

朝の洗顔は?

朝は水かぬるま湯だけで洗いましょう。

朝の顔は夜の洗顔後から数時間しか経っておらず、日中の長時間を過ごした後の汚れとは比較にならないほど軽いものです。

朝も洗顔料を使わないと肌が老化します!!

という洗顔料ブランドの宣伝は嘘です。ああやって不安を煽り売ろうとしているだけです。だいたい肌が綺麗な女優さんはほぼ朝は水かぬるま湯ですよ。ただCMとか雑誌のスポンサーの都合で言わないだけです。

保湿もやり方次第でキメを粗くしてしまうんですよ

保湿化粧品をちゃんとこまめに塗っているんだけど…

その保湿化粧品、もしくは使い方が肌の自活キメ機能を邪魔しているかもしれませんね。

保湿はすれば絶対にマイナスはない!なんてことありません。

過剰に保湿すると、いつでも肌に余計な成分が付着して肌常在菌のバランスが乱れます。また界面活性剤(乳化剤)が角質を剥がしてキメを粗くしてしまいます

ただ適度な保湿はプラスです。

だから肌表面に余計なものを残さないか、角質層内側にしっかり浸透して肌水分量が維持できるような保湿コスメを使うべき

  1. 角質層に浸透して肌常在菌の活動を邪魔しないもの
  2. 界面活性剤と防腐剤不使用で肌常在菌の活動をじゃましないもの

がいいですね。

こういった貯水継続スキンケアを続けることで、肌常在菌、いわゆる美肌菌の活動を損なわずにキメを整えることができます。

すると美肌菌の活動も活発になり、アクネ菌の活動が抑えられ、肌荒れの元となる黄色ブドウ球菌の繁殖も抑えられさらに美肌に、ノントラブルな肌に導くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る